はじめてのおつかい その1


今日は、世界に一つだけの「はじめてのおつかい」についてお話をしましょう。

私にも孫が2人います。小6、小4の男の子です。
土、日はしょっちゅうスタジオに遊びに来ます。
仕事にも連れて行きますので孫の成長を眼にしていると、自分の子供の頃を思い出します。

私は4人弟妹の長女です。
父方の親戚までバスを乗り継ぎ弟の手を取り良く行ったものです。
バス停で乗るバスを何回も確認をし、
乗っても本当に行くのかな?
降りるバス停に止まるよね?

風景を確認しながら、
まだ降りるバス停は来ていないよね?
降りる人が多いとちゃんと降りれるよね・・・

と思いながら父からのおつかいをしたものです。
その時の「ドキドキ感」が今でも思い出されます。

そうやって「おつかい」をやり遂げた事でお姉さんになっていき成長して行くのかな? と思います。
実際経験したお子様は、確かに成長した顔をしていらっしゃいます。
撮影をする日も何が起こるか分かりません。
道順、おつかいをする店などなど打ち合わせをするのですが、
当日近道をしてみたり、
泣き出してしまったりですが、やり遂げることで自信に繋がると確信しています。
そんな子供さんの顔は、世界に一つだけです。
お子様の「世界に一つの経験」をムービーに残してあげて下さい。
ご両親様の大事な「宝もの」です。
そして、お子様の結婚式に流してあげて下さい。

それは私の夢でもあります。


その2へ続きます

初美
[PR]

by medamano-hacchan | 2010-07-06 10:06